ホームページ制作のポイント

デザインは芸術である

デザインとハーモニー(和音)は共通点がたくさんあります。やみ雲に鳴らしてもいいハーモニーが奏でられないのと同じように、緻密に計算され配置されたデザインは芸術に通じるものがあります。

ホームページの制作にはセンスと経験が重要です。自分で作るとなってもネタやコンテンツをどう配置していいのか・・・写真を用意できても画像が作れない・・・など自身の活動を上手にPRしたいけど、何からはじめていいかわからないという方はたくさんいらっしゃいます。

いまの時代は、個人でも大手に負けないPR活動をすることが可能です。自身の強みや特長を発信していくために、しっかりとしたホームページを制作します。

ホームページという現代の営業ツールを使いこなすことが、音楽家として成功をおさめるための秘訣ではないでしょうか。

デザインが重要な事例

例:このテキストは見やすさを比較するためのサンプルです。見やすいレイアウトは、読み手にストレスを与えることがなく情報を伝えることができるので、印象も良くなります。

例:このテキストは見やすさを比較するためのサンプルです。見やすいレイアウトは、読み手にストレスを与えることがなく情報を伝えることができるので、印象も良くなります。

上記のテキストはどちらも同じ内容ですが、明らかに2段目の方が読みやすいと感じませんか?文字の大きさやカラーを適切に設定することで、最後まで読んでもらえる文章に仕上がります。重要なのは文章力よりもデザイン力なのです。

テキストと画像のバランス

テキストについて

テキストは上記の例でもはっきりわかるように、見やすい大きさと見やすいフォントを選ぶことが重要です。行間や字間も適切に設定することでよりたくさん読んでもらうことができるようになります。

画像の配置について

画像はテキストよりも難易度が高く、タテヨコのサイズによってはあると邪魔に感じたり、通信速度が速くなったとはいえ重い画像は表示が遅くストレスを与えてしまいます。

画像はあくまでもテキストを補完するために配置することが大切です。

動画コンテンツの配置

動画について

スマホでも簡単に動画が撮影できるようになりました。YOUTUBEもいまや誰もがアクセスするような時代になりましたので、「音が商品の音楽家」にとっては積極的に上手に活用することをおすすめします。

音楽家にとって必要なコンテンツとは?

プロフィール

「自己紹介」はいつでもどこでも大切です。プロフィールページではご自身の写真や経歴・学歴などたっぷりPRします。

お問い合わせ

お仕事の依頼を受けるために、お問い合わせのページも重要です。電話番号やメールアドレスを公開するのに抵抗がある場合はメールフォームをうまく活用すれば相手に知られることなく問い合わせを受けることができます。

しかし、信頼を得るためには「どこで誰がどのように」というのは大切な要素になってきますので、よほどの事情がない限り、所在地や連絡先は公開することをおすすめします。

レッスン

レッスンを開講している場合は、何の楽器でどのようなカリキュラムで1レッスンいくらなのかというところは基本情報にあたります。生徒さんはいろいろなところで比較したいと思っていますので、こちらも同業他社を比較したうえでご自身の強みを載せていくことがポイントです。

演奏依頼

演奏活動をされている場合、ホームページで演奏依頼を受け付けることが重要です。クライアントは、「本当に演奏に来てくれるのだろうか」と常に心配をしているものです。

演奏の実績や演奏の様子などを合わせて公開できれば依頼者の心配を取り除くことができますので、過去の演奏情報は積極的に掲載したいところです。

©2016-2017 ミュージックスタイル